施設の概要

ごみ焼却炉、リサイクルプラザ、最終処分場の概要についてお知らせします。

ごみ焼却施設

竣工

平成8年3月

炉形式

全連続燃焼式流動炉

処理能力

1日当たり110トン(処理能力55トンの炉を2炉、24時間運転を行う。)

構造

鉄筋コンクリート造り(一部鉄骨造り)
地下2階地上5階建て

建築面積

3,052.30平方メートル

事業年度

平成6年度から平成7年度(2か年継続事業)

事業費

3,843,036,000円

事業費内訳

  • 国補助金  367,498,000円
  • 県補助金  132,299,000円
  • 地方債  2,988,300,000円
  • 一般財源  354,939,000円

リサイクルプラザ

竣工

平成8年3月

破砕機形式

回転式破砕機及び切断式破砕機

処理能力

1日22トン
 ・粗大ごみ     処理能力4トンを5時間運転
 ・可燃性粗大ごみ  処理能力3トンを5時間運転
 ・資源ごみ    処理能力15トンを5時間運転

事業年度

平成6年度から平成7年度(2か年継続事業)

事業費

  • 国補助金 312,861,000円
  • 県補助金 112,630,000円
  • 地方債  726,500,000円
  • 一般財源  99,456,000円

最終処分場

竣工

平成9年10月

施設規模

  • 最終処分場敷地面積
    16,000平方メートル
  • 埋立地面積
    10,000平方メートル
  • 埋立容積
    44,000平方メートル
  • 埋立物の種類
    焼却灰および不燃残渣
  • 浸出液処理施設
    1日28立方メートル

埋立方式

 セル方式並びにサンドイッチ方式の併用による準好気性埋立

浸出液処理方式

次の方法で処理します。

  1. 流入・調整
  2. カルシウム除去
  3. 生物処理
  4. 凝集沈殿
  5. 砂ろ過
  6. 活性炭吸着
  7. 消毒(焼却施設へ)

汚泥処理方式

汚泥濃縮並びに脱水処理

事業年度

平成8年度から平成9年度(2か年継続事業)

事業費

  • 国補助金 155,030,000円
  • 県補助金  3,034,000円
  • 地方債  577,500,000円
  • 一般財源  29,829,000円

山武郡市環境衛生組合施設のご案内 [PDFファイル]